過払い請求の対処法

過払い金に対する対処、つまり過払い請求について、その流れとしては、まず自分の借金がいくらあるのか、現実をしっかりと見ることから始めます。借金の額がいくらかを自身で把握しましょう。

その後、金融会社やクレジットカード会社から、取引履歴を取り寄せます。取引履歴とは、今までの時期別の返済金額や利息、そして金利が明記された書類のことで、過払い金の算出の際に重要な書類になります。書類の請求方法とは、各金融会社によって異なりますが、ホームページ等から担当窓口宛に問い合わせます。すると開示請求書が届きますので、指定されたとおりに記入し、書類を返送すると、取引履歴が送られてきます。その書類から、利息制限法にのっとって、定められた金利で計算をやり直し(引き直し計算)、請求金額を算出します。この計算のやり直しはかなりの労力を必要としますので、簡単にできるパソコンの計算ソフトを利用されると良いでしょう。

過払い金の算出後、請求の為の書類を作成、内容証明郵便で請求書を郵送します。そして直接交渉を行い、解決を図ります。和解に至らなかった場合には、裁判所へ提訴(訴訟)することになります。このあたりになると弁護士のような専門家に相談されることがスムーズに解決するコツになります。

 

弁護士へ相談するには

実際には、過払い請求を検討された最初から弁護士に相談することで、法律のプロから最適なアドバイスをもらうことができ、思った以上にスピード解決する可能性が高まります。後から訴訟をしなければいけない可能性を念頭に置くのであれば、最初から弁護士に依頼されることをお勧めします。費用は多少かかりますが、早く請求が通ればその分の労力を未来へ向けて投資することができます。時間をかけることにメリットはありませんので、過払い金がある場合には、まず弁護士に無料相談からしてみてはいかがでしょうか

弁護士に依頼するなんて敷居が高いと不安に感じる方も少なくありませんが、何年にも渡って借金で悩んで苦労して返済してきたと思ったら、実際弁護士に借金相談をしたら、過払いしていたので請求をしたらあっさりと返還されたというケースも数多くあります。

今も尚、苦しんでいるようであれば、過払いの可能性が低いとしても、一度相談されることをお勧めします。経験と知識が豊富な弁護士に相談することで、事態が好転することがあります。ご自身ではよく分からない、関係ないと思わずに、まずは電話やメールでお問合わせしてみると良いでしょう。弁護士を探すには、弁護士紹介サイト等、オンライン検索が便利です。

借金の過払い請求とは

CMで「借金の過払い金が戻ってくる、過払い請求」というフレーズを、一度は聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、実際どのような請求かご存知でしょうか。当事者でなければあまりピンとこないかもしれませんが、いつ何時そのような事態に陥るかわかりませんので、もちろん永久に無縁であれば良いのですが、知識として知っておくことをお勧めします。

過払い金とは、消費者金融、クレジットカード会社等からの借り入れ機関が5年以上あり、利息制限法である金利の上限18%以上を超えて払いすぎていた利息のことを指します。簡単に言うと、消費者金融やクレジットカード会社に払いすぎたお金、取られ過ぎていた利息ということになります。グレーゾーン金利とも呼ばれ、お金を貸す時に決められた利息について、2007年頃までは多くの消費者金融や貸金業者がこれを守らず、法律より高い利息でお金を貸していたことになります。そうなった背景には、出資法と利息制限法があった為に、高い方の上限金利で利息を取っていたことが原因です。

キャッシングを利用すれば、貸金業者に利息を支払う必要がありますが、利息制限法でこの上限が決められているにもかかわらず、定められた法定利率を守らずに、運用していた貸金業者に過払い請求をすることで、返還を求めることができます。このことを知らずに今なお返済し続けている方がいる可能性もあり、過払い請求はまだ間に合いますので、もしかしたら自分は当事者かも、という疑いを持たれた方の為に、対処法等紹介します。